太ももの鍛え方(足の筋肉)

太ももの鍛え方(足の筋肉)

太ももは身体のバランスを決める非常に重要な部位です。身体の見た目の印象を決定づける部分でもあるので、男女問わず、太ももの鍛え方には興味が高いことでしょう。また、太ももはしっかりと鍛えることが出来れば体の基礎代謝を上げることになり、ダイエット効果を期待できるというメリットもあります。

 

太ももを鍛える場合、表側と裏側の鍛え方の違いを把握しておく必要があります。まず、太ももの表側を構成する筋肉には、大腿四頭筋があります。この大腿四頭筋はジャンプしたり走ったりする際に使う筋肉のため、日頃から鍛えられている可能制が高いといえます。この太ももの表側を鍛える場合に有効なのが、ウェイトを使用したスクワットです。

 

また、太ももの裏側を構成するのは、大内転筋や大腿屈筋と呼ばれる筋肉です。この太ももの裏側の筋肉も、大腿四頭筋と同様日常的に多く使われている筋肉です。この大内転筋や大腿屈筋といった筋肉は、腰やヒップラインを維持するのに大変重要な筋肉となっているため、トレーニングも重点的に行いたいですね。

 

太もも裏側の筋トレ方法としては、表側と同じくスクワットが有効ですが、もしジムなどに行ける環境であれば、バーベルを用いたバーベルスクワットがおすすめです。

 

バーベルを用いて行うスクワットは、身体のの左右に均一の負荷がかかるため、バランスよくトレーニングできるというメリットがあります。バランスの良いトレーニングは、そのままバランスの良い身体づくりに繋がります。太もものような大きな筋肉を鍛える際には、ジムなどの機器を使用したトレーニングも効果的ですので、試してみてはいかがでしょうか?

太ももの鍛え方(足の筋肉)関連ページ

上腕二頭筋
上腕三頭筋
大胸筋
広背筋
腹筋
ヒラメ筋