腹筋の鍛え方(お腹の筋肉)

腹筋の鍛え方(お腹の筋肉)

肉体改造や筋肉トレーニングというと、真っ先にイメージするのは「腹筋」という方も多いのではないでしょうか?引き締まったお腹、割れた腹筋というものは、老若男女問わず憧れの的ですよね。しかし、そんな腹筋の正しい鍛え方というものは、意外に知られていないのが実状です。効果的な腹筋の鍛え方というものは、一体どのようなものなのでしょうか?

 

腹筋はただ闇雲に回数をこなしただけでは効果が出ません。鍛え方のポイントを抑えて、正しいトレーニングを行う必要があるのです。「割れた腹筋」というものを手に入れるのは、意外に難しいものなのです。

 

腹筋は日常生活においてあまり鍛えられることのない部位となっています。腕や背筋といった部分は、日常生活において動かされることが多く、自然に鍛えられているものとなっています。それに対し、腹筋は普段あまり使われていないため、背筋よりも弱くなっていることが殆どです。こういった背筋と腹筋のアンバランスさによって、骨盤の傾きや腰痛などが引き起こされることも少なくないので、腹筋の正しいトレーニングはとても重要なものとなっています。

 

腹筋の効果的な鍛え方としては「効果的の出やすい順番で筋トレを行う」というものがあります。鍛える順番としては「腹直筋下部→腹斜筋→腹直筋上部」が良いとされています。これは、筋肉が鍛えにくい順番でトレーニングを行うことによって、筋肉を疲れにくい状態で負荷をかけることが可能であるためです。

 

腹筋を美しく見せるためには、筋肉自体を鍛えるだけでなく、腹部の脂肪をきちんと燃やす必要があります。腹筋の筋トレとジョギングや水泳などの有酸素運動を併用すると効果的ですので、是非試してみて下さいね。

腹筋の鍛え方(お腹の筋肉)関連ページ

上腕二頭筋
上腕三頭筋
大胸筋
広背筋
太もも
ヒラメ筋