大胸筋の鍛え方 (胸の筋肉)

大胸筋の鍛え方 (胸の筋肉)

大胸筋の鍛え方は、肉体改造を目指す男性にとって、大変興味深いものではないでしょうか?大胸筋がしっかりついた身体は、男らしくて恰好いいものですよね。男性ならば、胸の内側にしっかり筋肉のついた身体に憧れるものです。そんな身体づくりにかかせない大胸筋の鍛え方には、どういったものがあるのでしょうか?

 

まず、簡単な大胸筋トレーニングには腕立て伏せがあります。腕立て伏せは道具も必要なくどこでもできるため、思いついた時にすぐトレーニング出来るのが嬉しいですよね。大胸筋を鍛える腕立て伏せのやり方としては、肩の幅よりも少し腕を広げて行うのが効果的です。ゆっくりと息を吐きながら、腕立て伏せを行うようにして下さい。

 

次はダンベルで大胸筋を鍛える方法です。台の上などに乗って仰向けになり、ダンベルを両手で持って両腕を横に広げます。この状態で、肘を少し曲げながらダンベルを胸の前に持ってきます。これを何セットかに分けて繰り返すことで、効果的に大胸筋を鍛えることが可能です。手首の角度を変えることで負荷を増し、効果を高めることが出来るようになっています。自分に適した負荷をかけやすいトレーニング方法なので、おすすめです。

 

大胸筋は大きな筋肉のため、トレーニングの効果が出るには時間がかかる場合があります。中には大胸筋の内側からすぐに鍛えたい、という方もいらっしゃると思います。しかし、大胸筋のような大きい筋肉の内側だけを鍛えるという事は不可能です。焦る気持ちを抑えて、大胸筋全体を鍛えながら、徐々に内側を鍛えられるように努力してみて下さいね。

大胸筋の鍛え方 (胸の筋肉)関連ページ

上腕二頭筋
上腕三頭筋
広背筋
腹筋
太もも
ヒラメ筋